世界アンチドーピング防止規程・国際基準表 

 

世界ドーピング防止規程(World Anti-Doping Code)

世界ドーピング防止規程(World Anti-Doping Code. 以下WADA規程)は世界を統一するアンチ・ドーピング規則として多くの国際競技連盟、各国の国内オリンピック委員会、及びドーピング防止機関により採択されています。
WADA規程に批准した組織は、WADA規程の下に定められた5件の国際基準を遵守することが義務づけられています。また、国際基準に基づいたドーピング 防止活動をWADA規程に批准した組織が実施していく上で、推奨モデルとしてベストプラクティスモデル並びにガイドラインが設けられています。

以上のWADA規程の事項に準拠した独自の規則を、国際及び国内競技団体、各国ドーピング防止機関、各国オリンピック 委員会等の組織全てが有することにより、国際競技大会などの場面において、統一し、調和(harmonize)が図られたドーピング防止のための環境が実 現されています

本規程は、英語版が原本となります。
本規程の英語版と日本語版に差異がある場合には、英語版が優先されます。

pdf.jpg World Anti-Doping Code 2009 (英語原本) 2009年1月1日より発効

pdf.jpg 世界ドーピング防止規程 2009 (日本語版) 2009年1月1日より発効

pdf.jpg World Anti-Doping Code version 3.0 (英語原本) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 世界アンチ・ドーピング規程version 3.0 (日本語版) 2008年12月31日まで有効(参考)

 

 ドーピング禁止表国際基準

禁止される物質と方法が規定されており、毎年更新されます。

2013

pdf.jpg 2013年禁止表 (日本語版) 2013年1月1日より発効

pdf.jpg The 2013 Prohibited List (英語原本) 2013年1月1日より発効

2012

pdf.jpg 2012年禁止表 (日本語版) 2012年1月1日より発効

pdf.jpg The 2012 Prohibited List (英語原本) 2012年1月1日より発効

pdf.jpg The 2012 Monitoring Program (英語原本) 2012年1月1日より発効

pdf.jpg Summary of Major Modifications (英語原本) 2012年1月1日より発効

2011

pdf.jpg 2011年禁止表 (日本語版) 2011年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 2011年度監視プログラム (日本語版)

pdf.jpg 2011年主要な変更の要約

pdf.jpg 2011年禁止表の注釈 

pdf.jpg The 2011 Prohibited List (英語原本) 2011年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2011 Monitoring Program (英語原本) 2011年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Major Modifications (英語原本)

pdf.jpg Explanatory Notes (英語原本)

2010

pdf.jpg 2010年禁止表 (日本語版) 2010年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 2010年度監視プログラム (日本語版)

pdf.jpg 2010年主要な変更の要約

pdf.jpg 2010年プソイドエフェドリン追加情報(日本語版)

pdf.jpg 2010年Q&A (日本語版)

pdf.jpg The 2010 Prohibited List (英語原本) 2010年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2010 Monitoring Program (英語原本) 2010年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Modifications (英語原本)

pdf.jpg Additional information (英語原本)

pdf.jpg Q&A (英語原本)

2009

pdf.jpg 2009年禁止表 (日本語版) 2009年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2009 Prohibited List (英語原本) 2009年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Major Modifications (英語原本) 2009年12月31日まで有効(参考)

2008

pdf.jpg 2008年禁止表 (日本語版) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 2008年監視プログラム (日本語版) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2008 Prohibited List (英語原本) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2008 Monitoring Program (英語原本) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Modifications vis-a-vis 2007 Prohibited List (英語原本)

2007

pdf.jpg 2007年禁止表 (日本語版) 2007年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 2007年監視プログラム (日本語版) 2007年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2007 Prohibited List (英語原本) 2007年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2007 Monitoring Program (英語原本) 2007年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Modifications vis-a-vis 2006 Prohibited List (英語原本)

2006

pdf.jpg 2006年禁止表 (日本語版) 2006年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 2006年監視プログラム (日本語版) 2006年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2006 Prohibited List (英語原本) 2006年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2006 Monitoring Program (英語原本) 2006年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Modifications vis-a-vis 2005 Prohibited List (英語原本)

2005

pdf.jpg 2005年禁止表 (日本語版) 2005年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 2005年監視プログラム (日本語版) 2005年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2005 Prohibited List (英語原本) 2005年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The 2005 Monitoring Program (英語原本) 2005年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg Summary of Modifications vis-a-vis 2004 Prohibited List (英語原本)

 

検査に関する国際基準

ドーピング検査に関わる各事項、ドーピング検査に対応する検査員側、及び検査対象となった競技者側の権利・義務事項などが規定されています。

国際基準は、英語版が原本となります。
本規程の英語版と日本語版に差異がある場合には、英語版が優先されます。

pdf.jpg International Standard for Testing 2012 (英語原本) 2012年1月1日より発効

pdf.jpg International Standard for Testing 2009 (英語原本) 2009年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 検査に関する国際基準 2009 (日本語版) 2009年12月31日まで有効(参考)

 

治療目的使用に係る除外措置に関する国際基準

禁止表に掲載された物質・方法を治療目的で使用せざるを得ない場合、申請するTUEが合法的に許可される手続きを定めています。


国際基準は、英語版が原本となります。
本規程の英語版と日本語版に差異がある場合には、英語版が優先されます。

pdf.jpg International Standard for TUE 2011 (英語原本) 2011年1月1日より発効

pdf.jpg 治療目的使用に係る除外措置に関する国際基準 2011 (日本語版) 2011年1月1日より発効

pdf.jpg International Standard for TUE 2010 (英語原本) 2010年1月1日より発効

pdf.jpg 治療目的使用に係る除外措置に関する国際基準 2010(日本語版) 2010年1月1日より発効

pdf.jpg International Standard for TUE 2009 (英語原本) 2009年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 治療目的使用に係る除外措置に関する国際基準 2009 (日本語版) 2009年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg International Standard for TUE 2005 (英語原本) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg 治療目的使用に係る除外措置に関する国際基準 2005 (日本語版) 2008年12月31日まで有効(参考)

 

分析機関に関する国際基準

WADAが公認する分析機関の運営及び認定更新に関する事項が規定されています。


国際基準は、英語版が原本となります。
本規程の英語版と日本語版に差異がある場合には、英語版が優先されます。

pdf.jpg International Standard for Laboratories (英語原本) 2012年1月1日より発効

 

個人情報保護に関する国際基準

個人情報扱いに関する事項が規定されています。


国際基準は、英語版が原本となります。
本規程の英語版と日本語版に差異がある場合には、英語版が優先されます。

pdf.jpg IInternational Standard for the Protection of Privacy and Personal Information (英語原本) 2009年1月1日より発効

 

日本ドーピング防止規程(Japan Anti-Doping Code)

日本ドーピング防止規程(Japan Anti-Doping Code. 以下JADA規程)は、WADA規程に基づくJADAの責務に沿い、国内においてJADAが継続的な活動を促進するために採択され、実施されています。

JADA規程はJADAに日本国内を統一するアンチ・ドーピング規則としてJADA加盟団体により採択されています。


本規程は、日本語版が原本となります。
本規程の日本語版と英語版に差異がある場合には、日本語版が優先されます。

pdf.jpg 日本ドーピング防止規程 2009 version 2.0 (日本語原本) 2009年1月1日より有効

pdf.jpg The Japan Anti-Doping Code 2009 version 2.0 (英語版) 2009年1月1日より有効

pdf.jpg 誓約書

pdf.jpg 日本ドーピング防止規程 version 2.0 (日本語原本) 2008年12月31日まで有効(参考)

pdf.jpg The Japan Anti-Doping Code version 2.0 (英語版)  2008年12月31日まで有効(参考)

 

 

書式ダウンロード 国体関連書式

○国体出場競技者用

提出すべき書類

【TUE申請関連】

pdf.jpg 1.治療目的使用に係る除外措置(TUE)の申請について

pdf.jpg 2.JADA TUE申請書

pdf.jpg 3.JADA 吸入ベータ2作用薬使用に関する情報提供書

excel.jpg 4.都道府県名申告書兼同意書

 

【国体居場所情報提出関連】

excel.jpg 5.国体検査対象者 居場所情報提供書式

 

【ドーピング検査関連】

pdf.jpg 6.国民体育大会ドーピング検査同意書

pdf.jpg 7.国民体育大会競技会検査(ICT)実施要項

pdf.jpg 8.国民体育大会競技会外検査(OOCT)実施要項

 

記入例

pdf.jpg JADA TUE申請書 記入例

excel.jpg 国体検査対象者 居場所情報提供書式 記入例


○都道府県体協用

提出すべき書類

excel.jpg 1.個人情報取扱に関する誓約書

excel.jpg 2.検査対象者登録リスト候補者推薦書式

記入例

excel.jpg 検査対象者登録リスト候補者推薦書式記入例

 

TUE申請先

〒115-0056

東京都北区西が丘3-15-1 国立スポーツ科学センター内
公益財団法人 日本アンチ・ドーピング機構 TUE委員会

TUE申請書在中




JADA 事務局担当及び問い合わせ先

〒115-0056
東京都北区西が丘3-15-1
国立スポーツ科学センター内
教育・情報グループ

電話:03-5963-8030 FAX:03-5963-8031
メールアドレス:kokutai@playtruejapan.org

 

教育事業配布資料

ドーピング検査 Q&A

pdf.jpg ドーピング検査 Q&A 2011年1月改訂版 (PDF:620KB)

薬剤師会ドーピング防止ホットライン

pdf.jpg 薬剤師会ドーピング防止ホットライン[2012年5月25日現在] (PDF:60KB)

Real Winner (ドーピング防止 E-ラーニング)

pdf.jpg Real Winner ガイドブック (PDF:9MB)

 

ADAMS居場所情報提出マニュアル

ADAMS3.0入力マニュアル